>

風俗店での就労を視野に入れた方向けのインフォメーションサイト

働く前に知っておくべき風俗店の合法ラインと非合法ライン

風俗店ごとのサービスの違い

日本における風俗営業は性風俗営業と異性紹介営業並びに、接待飲食営業と風俗営業の四つに大別されますが、性風俗に属すのは、性風俗営業・異性紹介営業・接待飲食営業の三つで、特に性風俗店は提供するサービスに応じて、1~6号営業まで細分化され、提供されるサービスも様々です。

ちなみに各営業における具体的なサービスの内容としては、性風俗営業が直接的な性的サービスを提供するソープランドやヘルス、回春エステといったものを中心として構成され、異性紹介営業はテレフォンクラブなどによる異性間の仲介を主として行い、接待飲食営業においては、キャバクラやクラブのような性的サービスと飲食物の提供を両立したサービス形態をとっています。

サービスに準じた人材登用

いわゆる性風俗に当たる、性風俗営業や異性紹介営業、接待飲食営業で求められる人材は、基本的に容姿やニーズに応じた体形、あるいはニッチなサービスに対応可能であることなどを要求されますが、容姿や体形、サービスの許容範囲の広さは、あくまでその性風俗関係の店や性風俗サービスに従事するための最低条件であり、採用後の成功を確約するものではありません。

しかし、各性風俗関係店や性風俗サービスは、そのサービスの性質上、やはり容姿や体形が合致した人材の登用を優先する傾向にあることは間違いありませんので、性風俗関係店や性風俗サービスでの就労を考えているのであれば、自身の容姿や体形、許容できる性癖を含めた自分自身の魅力を理解した上で、就労する性風俗関係店や性風俗サービスを選択する必要があるのです。


この記事をシェアする